ウォーターサーバーのコストの面でのペットボトルとの違い

水に対する認識が深まったことで、ペットボトルやウォーターサーバーの需要は伸びました。多くの会社がウォーターサーバー業界に参入したのも、この背景があります。ペットボトルと比べて、どちらがコスト面においてはお得なのでしょうか。


<水そのもののコスト>

水のペットボトルは、こだわりがない限り、500mLでも30円程度から50円程度という激安なものがあります。ウォーターサーバーの場合には、500mLで50円程度ですので、あまりかわりません、その上純水に近いものから、ミネラルを豊富に含んだものまでありますので、その点は大変お得です。同程度の品質を求めるならば、サーバーの水が、大変安価です。


<その他のコスト>

水の値段だけを比較すれば、ウォーターサーバーの方が安くなります。その他にかかるコストは、サーバーのレンタル料金と電気代がかかります。ペットボトルのお湯も電気ポットやガスで沸かしたりする光熱費に事を加味すると、サーバーの方が安く上がります。ごく普通のウォーターサーバーで、一ヶ月の電気代は1000円前後です。電気ポットは900円と言われていますので、冷水まで出るのですから、サーバーの方が安いと考えられます。また冷蔵庫の場所をとりがちなペットボトルよりも使い勝手はいいでしょう。

Posted in ウォーターサーバー | Leave a comment

ウォーターサーバーのデザインが増えてきている

以前のウォーターサーバーは、大きくて業務用みたいなデザインしかなかったのですが、最近ではデザインが増えてきて選ぶ楽しさがあります。
おしゃれなデザインのサーバーもあれば、キャラクターがデザインされているサーバーもありますからお子さんのいらっしゃるご家庭でも大丈夫です。
デザインが多いとその分選択肢も増えますので、すごく嬉しいですよね。
もちろん、その業者によってデザインの豊富さなどが異なってきますので色々チェックしてみるのがいいですよ。


ウォーターサーバーはコンパクト?

今までは大きいウォーターサーバーが多かったので、利用したくても置き場所に困っていた人もいたと思います。
ですが、最近のサーバーはコンパクトなものが増えてきていますので、そんなに場所をとることなく置けますよ。
卓上式のウォーターサーバーもあるみたいなので、こちらでしたら使いやすくていいかもしれないですね。
心配でしたら、事前にサイズを測って確かめてみることをおすすめします。


お子さんがいても安心して使えます

うちにはまだ小さい子供がいてケガをしてしまうのではないかと不安になって使えない・・・という人もいますよね。
けれど、お子さんが誤ってレバーを引いてしまっても火傷などしないよう、ロック機能がついていますので安心して使えます。
確かに小さいお子さんを抱えている人は心配ですものね・・・でも、最近のウォーターサーバーなら安心です

Posted in ウォーターサーバー | Leave a comment

ウォーターサーバーの料金問題

ウォーターサーバーを使うって考えると、結構いいですよね。いつでも冷たい美味しい水が飲めて、寒い季節にはすぐに暖かいコーヒーも入れられる、って、ちょっとイイ・・・でしょう?最近のウォーターサーバーは見た目も洒落てるし、ワンランク上の暮らし、みたいな感じです。
でも、気になるのは、料金、あと、水道代が安くなるのか?でしょうか。


<料金と水道代について>

料金はピンきりですね。大まかに見て、1リットル80円台くらいから、160円台くらいまででしょうか。サーバーのレンタル料は、無料のところも多いです。
でも、実は、水道代にそれほど顕著な差は出ないかもしれないと、実際に使っている方々からの話です。
何故なら、洗濯や、お風呂、調理器具の洗い物などは変わらず水道を使うからです。下水道代も入りますし、水道代には基本料金がありますから、ウォーターサーバーがすっごくお得、ということは無いようです。はっきり言って、結構割高?かもしれません。
ただ、外でお水を買わないように、うちからボトリングしていくと、夏の飲料代はかなり浮くでしょう、とのこと。夏はついついお水や清涼飲料水を買ってしまいますから、一日に、飲料水代だけで、1000円近く飛ぶこともあります。そんなときこそ、うちから、マイボトルを持っていきましょう。


<その他の料金問題>

問題は実は水そのものの料金よりも、その配送料や、電気代、そして、サーバーのメンテナンス代金かもしれません。サーバーのメンテナンス料金は無料のところもありますが、有料でも、安全の面から考えて、定期的にちゃんとチェックしてくれるメーカーを選んだ方が安心です。
ウォーターサーバーを使うということは、お金の問題よりも、美味しさと安心を買うという側面があるのかもしれません。

Posted in ウォーターサーバー | Leave a comment

ウォーターサーバーのメンテナンスについて

最近、水に対する安全や健康志向に伴って、水道水をそのまま飲むよりミネラルウォーターやウォーターサーバーを使う家庭が増えてきています。しかし、ウォーターサーバーの費用やメンテナンスなどの手間がかかるイメージもあり、すぐに手を出せる商品とは言いがたい部分がありますが、最近では宅配水の料金も以前と比べて安くなってきており、ウォーターサーバーの導入が容易になってきました。


ウォーターサーバーによって変わるメンテナンス方法

日々のメンテナンスの面でも、内部を自動的に洗浄したりするメンテナンスフリーの機械などもあるので、外側だけを掃除するくらいでよくなってきています。ウォーターサーバーの大きさも以前よりもコンパクトになり、テーブルの上に置くタイプなどもあるので、場所を選ばなくても大丈夫なようになって来ています。宅配水の種類も、国内外問わず様々な水の産地から取り寄せる事が出来るので、水に含まれているミネラルなどの含有量で決める事も出来るようになってきています。定期的なメンテナンスの必要もなく、初期費用がかからなくて、宅配水の費用も安くなってきている今なら、身体に対しても優しい水を飲む事ができるウォーターサーバーをご家庭に導入する良い機会になっています。

Posted in ウォーターサーバー | Leave a comment

ウォーターサーバーのお水で美味しいご飯を

日に日に、寒さを感じることが多くなりました。ウォーターサーバーではお湯も出すことができるため、冬にも朝、温かいスープやコーヒーなどを楽しむことができます。また、ウォーターサーバーの水の特徴は日本の料理にも非常にあっています。


おでんや鍋にウォーターサーバーの水を

ウォーターサーバーの水は軟水という種類のお水です。荷崩れなどは起こしやすいですが、水に雑味がなく出汁の香りや味を最大限に引き立ててくれるお水と言われています。日本ではお味噌汁やおでんなど、お出汁の味を生かした料理が多いことを知っていますか?ウォーターサーバーのお水は飲み水だけでなく、寒い冬に身体を温める鍋料理などにも最適なのです。ミネラルの含有量が低いことから、素材の味を邪魔しない、出汁が水全体に広がりやすいことから、お鍋、煮物など冬に食べるものにウォーターサーバーのお水を利用すると、おいしくなると言われています。


出汁の取り方を知っておこう

こぶ出汁、かつお出汁など、和食の出汁はたくさんあります。かつお節などは小分けでパックされている場合も多いですが、こぶやしいたけなど、汚れが付着している可能性があるかもしれないと不安になる方もいるかと思います。しかしお水で洗ってしまうと、香りも流れてしまうことになります。そのため、このような出汁を利用するときは固く絞ったきれいな布巾を利用して、気になる部分を軽く拭き取ることで利用しましょう。

Posted in ウォーターサーバー | Leave a comment

ウォーターサーバーで風邪に負けない体に!

木々の紅葉も深まってすっかり秋ですね。冷え性の方にはつらい、寒い冬もすぐ目の前まで迫ってきています。ビッグイベントが多い季節だからこそ、体調には気をつけたいのに毎年季節の変わり目から体調やお肌の調子が崩れがちだという方、多いのではないでしょうか。しかし、ほんの身近な習慣を変えるだけで環境の変化に強い体作りを行う事ができますよ。そこでオススメなのが、ウォーターサーバーです。


慢性的な「お水」不足になっていませんか

健康や美容の感心が高まる昨今の風潮の中で、「お水」にもこだわる方が周りでも増えている事だと思います。人間の体の60~70%は水分でできており年齢を重ねるごとにその割合は少なくなっていく事が分かっています。若々しく美しいお肌と体内環境を保つ為には、飲料する「お水」の質と量が常用な要素になってくるのです。また、コーヒーやジュース、お茶には体内で負担になるカフェインや糖類が多く含まれるため「お水」としての性質をはたしていない事も理解しておきたいところです。


体を変えるウォーターサーバーの習慣

しかし、お水を普段から小まめに飲む習慣がない方にとっては「継続」時代が難しくなります。そこで、低価格ではじめやすさと続けやすさを両立させたウォーターサーバーは大変オススメです。質の良い、美味しいお水を摂取する習慣が自然に身に付きます。

Posted in ウォーターサーバー | Leave a comment

ウォーターサーバーのボトルを楽々交換

ウォーターサーバー関連の商品は今まで12Lの水が入ったボトル、つまり12Kg相応のボトルを高い位置に持ち上げて交換する必要があった他、飲み終わったボトルの置き場に困る等何かと不便な一面がありました。常に温水や冷水が利用できる為家族の方には好評でも、ボトルを実際に交換しサーバーを管理しているお母さんには案外手間も多く、ただ水を飲むだけなのにどうしてこんなに面倒なのかと感じている人も少なからずいたでしょう。しかし最近のウォーターサーバーはそういったボトル交換やサーバーの管理を任されている方も笑顔で使えるユーザビリティーに特化した商品が増えています。


ウォーターサーバーの進化

まずボトルの交換に関しては最近ボトルの設置場所が上部ではなく下部のタイプのサーバーが登場した事で注目を集めました。サーバーは床置型だと凡そ1m近い高さがある為今まで持ち上げるのが大変でしたが、下部設置型なら持ち上げる必要がなく押し入れるような形で交換を行なう事が可能です。またボトル容量も12Lのものだけではなく8Lや7Lといった軽めの商品がバリエーションに加わる事で交換は随分と楽になりました。


使い切りのボトルにも注目

またボトルは元々リターナブルタイプと呼ばれる、ボトルを回収して綺麗にして繰り返し使うタイプのボトルが主流でした。しかしこのリターナブルタイプはボトルが意外と嵩張り、また回収が必要な為業者の方が来るまでの置き場所に困るといった声が聞かれました。しかし最近はワンウェイタイプの使い切りボトルを採用している商品が増えてきました。これはボトルが使い切りである為空いたボトルは小さく折りたたんで資源ゴミとして捨てる事が可能の為置き場所に困る事もありません。このように最近のウォーターサーバーは水を飲む方はもちろん家庭で管理される方にも優しい商品となっています。

Posted in ウォーターサーバー | Leave a comment

ウォーターサーバーを始める方に

ウォーターサーバーに興味があるけれど良く知らない、始めてみたいけれどどうやって始めたらいいの?という方に是非お伝えしたい事があります。それは、ウォーターサーバーは手軽でとても便利だと言う事です。


ウォーターサーバーを始めるならキャンペーンに着目

ちょっと大きなスーパーの店頭などで、申し込みキャンペーンをやっている所を目にしますよね。最近びっくりした所では、クリーニング屋さんの壁にウォーターサーバー申し込めます!って書いてありました。それくらいカジュアルな、どこにでもある存在になって来たと言えるのだと思います。どうせいつかは始めると言うのなら、キャンペーンの時に話だけでも聞いてみると良いかもしれません。


お水の料金だけでいいなんて!

ウォーターサーバーは高いと思っていませんか?楽になる、便利になるんだから安いはずが無いと言うそれは思いこみかもしれません。今のお使いの状態にもよりますが、買いに行ってるペットボトルのお水とポットの電気代の合わせたのよりも安いかもしれません。登場し始めたころはまだ、サーバー自体のレンタル代が高かったり工事費がかかったりしました。そのせいで個人のお宅ではあまり見かけず、病院や会社などで主に使われていました。けれど最近は工事費もレンタル代も無料というもの、インテリアにも調和するものも出てきています。お水の料金だけで、ご自宅でウォーターサーバーを楽しまれている方が増えているのです。

Posted in ウォーターサーバー | Leave a comment

ウォーターサーバで電気代は上がらない

ウォーターサーバーを導入したからと言って大幅に電気代が上がるというような事はありません。しかし、家計の収支を計算する時には電気代まで確認しておきたいものです。


ウォーターサーバーの電気代は1000円

ウォーターサーバーはテレビのように使わない時は電源を切ればいいというようなものではありません。しかし、四六時中電源入れっぱなしでも毎月に掛かる電気代は1000円です。これは、電気ポットの電気料金と変わりありません。また、サーバーの性能を考えると確実に電気ポットよりも高いでしょう。熱湯専用である電気ポットに対して、ウォーターサーバーは3~8℃の冷水と80~90℃の熱湯を利用する事ができます。ウォーターサーバーの熱湯温度であればカップラーメンやコーヒー、お茶を入れるくらいの用途であれば利用しても特に問題はありません。また、使っているお水自体が美味しいお水であるので今までよりも美味しく感じるかもしれませんね。


電気ポットの代替

電気ポットの代替としてウォーターサーバーを利用するなら、導入によって電気代が上がる事はありません。「サーバーの電源は不在時に切っても大丈夫か」というような質問がたまにありますが、答えはノーです。サーバー内部の衛生環境を維持する為には常に電源を入れておく事が理想です。

Posted in ウォーターサーバー | Leave a comment

ウォーターサーバーで目的に合わせた水を飲もう

他の飲食物に比べて、水を飲む事自体を特別に意識することは普段はあまりないかもしれません。けれど普段の食事と一緒で確実に私たちの体を作る物ですので、せっかくなのだから安全で良い水を飲みたいと思う事でしょう。ウォーターサーバーはそんなあなたの生活の水を支えてくれます。


水の種類を選ぶ

ウォーターサーバーではそれぞれのメーカーによって選べる水の種類が違いますが、どの水を選んでもそれぞれのメーカーの厳しい基準をクリアした安全な水である事に違いはありません。全てを取り除いたRO水や、天然水の美味しさを損なわないよう工夫された低温殺菌を施した水などが選べます。ウォーターサーバーを利用する目的に合わせて選ぶと良いです。小さなお子様のいるご家庭ではRO水の方がおすすめできると言えます。


ウォーターサーバーのレンタル代が無料の事も

また、最近ではサーバーの設置工事やレンタル料が無料というものも増えています。昔は水は美味しいけどサーバーのレンタル代が高いという話を良く聞き、私もそういう印象がありましたが無料のものもあると知ってびっくりしました。ウォーターサーバーが普及してきた背景があります。利用者が増えてきたことでサーバー代がかからなくても利用できるようになってきたのです。

Posted in ウォーターサーバー | Leave a comment

ウォーターサーバー最大のメリット

ウォーターサーバーの利用目的として一番多いのは、「わざわざ外へ買いに行かずに安全で美味しい水を家で飲める様になりたいから」というものだと思います。実際ウォーターサーバーを利用すれば外へ自分で買いに行く手間も省けますし、安全性と味の質が立証された水が飲める様にもなります。この様にとにかくメリットが多く、特に2011年の原子力発電所の事故が起きて以来安全な水に対する需要は非常に高まっており、今後もウォーターサーバーの利用者は増えて続けていくことでしょう。


ウォーターサーバー最大のメリットとは

安全で美味しい水が簡単に手に入るというのは当然のこととして、ウォーターサーバーの利用者の増加要因に最も直結しているメリットは料金の安さでしょう。質の高いサービスでありながら利用料金も大変安く、そのコストパフォーマンスが人気を集める理由となっています。


無料お試しサービスによってサービス内容を見る

そして無料でのお試しサービスもあり、実際に水の味やウォーターサーバーの利便性を確かめることができます。昔は会社やオフィスビルなどで使われる業務用のツールでしかなかったものが、今や一般家庭でも気軽に使われる様になりましたが、そこにはこういった理由があったからなのです。

Posted in ウォーターサーバー | Leave a comment

私たちの生活に欠かせない水をウォーターサーバーで

ウォーターサーバーは水の質にこだわって生活をランクアップさせたい人におすすめです。水を飲む事は生活していくと言う事、生きて行くと言う事と同じだからです。生きて行くと言う事の質を求めた時に、毎日飲む水に視線を持って行くのはごく自然なことだと思います。


欠かすことのできない水分にこだわる

人類の祖先が海から上がった瞬間から、私たちは水を飲まずには生きていけなくなりました。生きとし生けるもの全ての生命維持に欠かせない物、それが水です。つまり、私たちは水によって生かされていると言っても過言ではありません。水の質は体液の質、ひいては体全体を水に支配されながら生きているのです。身体の70パーセントを占めるその水を安易に摂取し過ぎていませんか?自分の体を作る水の質にこだわりたい、そんな方におすすめなのがウォーターサーバーです!


続けるためのウォーターサーバー

水にこだわろうと思っても、スーパーなどで重たいミネラルウォーターを買ってくるのは結構手間です。大変な思いをしながら水を買いに行く事自体が負担になっては元も子もありませんよね。ウォーターサーバーは買いに行かなくても、家で手軽に安全でおいしい水が飲めますので便利です。特に小さなお子様やお年寄りの多いご家庭では喜ばれています。

Posted in ウォーターサーバー | Leave a comment

ウォーターサーバーの料金体系

ウォーターサーバーを利用したいと思っていても、料金体系がはっきりと分からない限りは安心して申し込むことができませんよね。安いと書かれていても実際に利用してみたら意外と費用がかかるのではないか、など不安や疑問も尽きないものです。ですので、ウォーターサーバーの明確な料金体系をここでご紹介しますので今後の参考までにご覧ください。


ウォーターサーバーにかかる全費用

ウォーターサーバーを利用する際にかかる費用とは、まず水の料金、そしてサーバーの維持費となっています。そこに電気代なども加わりますが、主な料金は先述した2つの料金です。水の料金は飲んだ量によって左右されますが、ボトル1本あたりの料金は1,000~2,000円の間であることがほとんどで、水の種類やブランドによって価格も変わります。


維持費とは一体何なのか?

サーバーの維持費とは毎月のレンタル代とメンテナンス費用のことを指します。メンテナンス費用がレンタル代に含まれているパターンもありますが、レンタル代と合わせても5,000~7,000円程度の金額で利用が可能です。会社によっては共に無料となっているところもありますが、そういったところは水の料金がその分高くなっていることが多いので、ウォーターサーバーの料金を比較する時は総合的に見て決めましょう。

Posted in ウォーターサーバー | Leave a comment