ウォーターサーバーのボトルを楽々交換

ウォーターサーバー関連の商品は今まで12Lの水が入ったボトル、つまり12Kg相応のボトルを高い位置に持ち上げて交換する必要があった他、飲み終わったボトルの置き場に困る等何かと不便な一面がありました。常に温水や冷水が利用できる為家族の方には好評でも、ボトルを実際に交換しサーバーを管理しているお母さんには案外手間も多く、ただ水を飲むだけなのにどうしてこんなに面倒なのかと感じている人も少なからずいたでしょう。しかし最近のウォーターサーバーはそういったボトル交換やサーバーの管理を任されている方も笑顔で使えるユーザビリティーに特化した商品が増えています。


ウォーターサーバーの進化

まずボトルの交換に関しては最近ボトルの設置場所が上部ではなく下部のタイプのサーバーが登場した事で注目を集めました。サーバーは床置型だと凡そ1m近い高さがある為今まで持ち上げるのが大変でしたが、下部設置型なら持ち上げる必要がなく押し入れるような形で交換を行なう事が可能です。またボトル容量も12Lのものだけではなく8Lや7Lといった軽めの商品がバリエーションに加わる事で交換は随分と楽になりました。


使い切りのボトルにも注目

またボトルは元々リターナブルタイプと呼ばれる、ボトルを回収して綺麗にして繰り返し使うタイプのボトルが主流でした。しかしこのリターナブルタイプはボトルが意外と嵩張り、また回収が必要な為業者の方が来るまでの置き場所に困るといった声が聞かれました。しかし最近はワンウェイタイプの使い切りボトルを採用している商品が増えてきました。これはボトルが使い切りである為空いたボトルは小さく折りたたんで資源ゴミとして捨てる事が可能の為置き場所に困る事もありません。このように最近のウォーターサーバーは水を飲む方はもちろん家庭で管理される方にも優しい商品となっています。

This entry was posted in ウォーターサーバー. Bookmark the permalink.

Comments are closed.