ウォーターサーバーのコストの面でのペットボトルとの違い

水に対する認識が深まったことで、ペットボトルやウォーターサーバーの需要は伸びました。多くの会社がウォーターサーバー業界に参入したのも、この背景があります。ペットボトルと比べて、どちらがコスト面においてはお得なのでしょうか。


<水そのもののコスト>

水のペットボトルは、こだわりがない限り、500mLでも30円程度から50円程度という激安なものがあります。ウォーターサーバーの場合には、500mLで50円程度ですので、あまりかわりません、その上純水に近いものから、ミネラルを豊富に含んだものまでありますので、その点は大変お得です。同程度の品質を求めるならば、サーバーの水が、大変安価です。


<その他のコスト>

水の値段だけを比較すれば、ウォーターサーバーの方が安くなります。その他にかかるコストは、サーバーのレンタル料金と電気代がかかります。ペットボトルのお湯も電気ポットやガスで沸かしたりする光熱費に事を加味すると、サーバーの方が安く上がります。ごく普通のウォーターサーバーで、一ヶ月の電気代は1000円前後です。電気ポットは900円と言われていますので、冷水まで出るのですから、サーバーの方が安いと考えられます。また冷蔵庫の場所をとりがちなペットボトルよりも使い勝手はいいでしょう。

This entry was posted in ウォーターサーバー. Bookmark the permalink.

Comments are closed.